未来のパフォーマンスバンクのためのCHOブログ

NPO法人パフォーマンスバンク CHOブログです。

音楽専門NPO パフォーマンスバンク スタッフ大募集中です♪

我々は東京/名古屋/大阪の100を超える施設(老人ホーム/保育園)に生演奏を届けています。昨年は250件ほどコンサートをお届けしました。

 

本日も調布の保育園の卒園式のピアノ演奏のお手伝いしてきました。
こんな体験が私にとってはやりがいというか生きがいです。

 

学生/社会人合わせて32名の小さな組織ですが、みんなポジティブで良い雰囲気です。

 

様々な方(施設の方、奏者の方、他NPOの方、コンサル、デザイナーさん などなど)とコミュニケーションをとるので人脈はどんどん広がりますし、社会人スタッフはその道のプロが多いので話し合う事が楽しいです。

 

また、パフォーマンスバンクでは、理念/ビジョン/コンサート実施方法の研修などもしっかり実施しています。

メンバーが理念をそらで言える、マニュアルを見て業務することが普通になっている事が幣NPOの強みです。

 

coordinator-s.performancebank.org

 

peraichi.com

プロジェクトを進めるための3つのコツ

今年度はリーダーのみなさんなどからプロジェクトが上手く進まなくて困っている、との話をいくつかもらっていました。

私の10年間の非営利活動での経験踏まえ、NPOリーダー向けに3つのコツを記載します。

 

 

①何故やるのか、何を目指すのかを共有

何故これをやろうとしているのか、何を目指せばよいのかシンプルな言葉でメンバーと共有しましょう。そしてそれを何度も話すことが重要です。

 

プロジェクト、部署活動の募集時になぜこれをやるのか、という話を理事からしていますが、直感的にしっくりこなければ、何度確認いただいても構いません。

何故やるのかが明確に理解できていなければ、リーダー自身のモチベーションも維持できないでしょうし、方向性がぶれてしまいます。

 

また、ゴールの明確化も大事です。ゴールが明確に共有できていなければリーダーは上手くいったように感じても、メンバーはプロジェクト失敗したと感じてしまう悲しい状況になることもあります。

 

そしてメンバーはタスクに追われると何を目指すのかが頭から離れてしまうことがあります。なので上記を何度もしつこく話すことがリーダーには求められると私は思っています。

 

 

②メンバーの強みと弱みを理解する

これは我々が得意とするところのはず。

 

ただし、リーダーとしては強みだけではなく、彼らのもつ課題(弱み)も認識しましょう。

 

例えば細かいところをしっかりと押さえるところが得意なメンバーは、タスク処理スピードが遅い可能性があります。

その場合は、気にしなくてよいところ、納期を明確にしてタスクをふる、もしくはスピードが必要ないタスクを設定するなどの対応が必要です。

 

また、年齢が若く経験が浅いメンバーは新鮮な大胆な意見をもっています。

しかしながら社会人が前提としている事(メール、依頼、日程調整、情報共有のタイミングなどの方法、完璧より完了という考え方)を知らないことがありますので注意が必要です。

 

また、社交感受性が強いメンバーの何らかの配慮のために話を進められない状況が生まれそうな時は、再度プロジェクトの意義とその配慮を天秤にかけましょう。

 

 

③明確なタスク設定と完了確認

5w1hを常に頭に入れて計画し、タスクをメンバーにふります。

何のために(why)、誰が(who)、どこで(where)、いつまでに(when)、何を(what)、どのように(how)やるのかを考えます。

そして大切なのは必ずチャットワーク等で締切とアウトプット(つくったものなど)を明確にしたタスクを設定すること。

メンバーの状況により事前リマインドが必要なこともあります。

そして、タスクが終わってなければ納期が過ぎているという事実をメンバーに伝えます。

 

 

◆心のもちよう

プロジェクトリーダーは大変だと思いますが、特に非営利組織でのリーダーはとってもよい経験になります。

なぜならばメンバーの個々のモチベーション、強みを活かさないと話をスムーズに進められないからです。

メンバーへの内発的動機づけができるかが鍵となります。

 

うちのNPOメンバーはみんな素敵です。リーダーとしては、きっと素敵なみんなだからなんとかなるだろう、と思いたいところなのですが、そんな上手くはいきません。そこでリーダーの力量が試されるのです。

 

コトをしっかりと進めるためには

「信頼するけど、信用はしない」そんなスタンスで冷静にメンバーや計画の状況を見て話を進めていきましょう。

困ったらお近くの代表や理事に御連絡ください。

 

f:id:kokosuko:20180325010342j:image

プリキュアのメンバー間の信頼を土台とした、人としての魅力でみんなを引っ張るリーダーシップって凄いなって思います。)

コーディネーターの卒業

今日、とても悲しいけどうれしい事がありました。

 

f:id:kokosuko:20180307231654j:plain

(みんなが社会人として日本の未来を創ってくれると信じてる。)

 

 

大阪のコーディネーターのひとりがパフォーマンスバンクを卒業したのです。

 

彼女は2年ほどパフォーマンスバンクに在籍し、大阪支部の立ち上げから活躍してくれました。ずっと一緒に活動したいと思っていたのだけど、彼女は実家のある四国に帰る事になったのです。

 

今まで一緒に活動してきたメンバーがパフォーマンスバンクを離れる時、「もっと一緒にやりたかった、もっと僕になにかできたのではないか」という気持ちがぐるぐるしてとても悲しい気持ちになります。

 

けれど、実家に帰る事は彼女自身が納得している決断ですし、何よりも「パフォーマンスバンクで成長しました!」とまっすぐにお礼を言ってくれたことがなによりもうれしかった。

最初は電話で話すときもたどたどしかった学生さんだったのに、今は論理的に、自分の言葉でしっかりと話している。ほんと成長したね。(そのあと、2年間ありがとうのお礼メールなんか送られたら泣いちゃう...。)

 

学生のかけがえのない2年間を僕たちと一緒に過ごしてくれてありがとう。

君のおかげで生演奏の楽しさをたくさんの人に届ける事ができました。

 

僕たちはずっと君の事を応援しています。頑張れ!

私のお気に入り

来週は訪問演奏。

今回もソプラノサックス&鍵盤ハーモニカでの演奏苦戦してるのは譜面のアレンジです。

ピアノ譜面そのままは弾けないし、コードだと味気なさすぎだし…。

悩みつつ吹いてますが、やっぱり楽しいです。久々の演奏。

60分の演奏会なので、私のお気に入り、ふるさと、など10曲以上準備しています。喜んでいただけるとよいな。

 

f:id:kokosuko:20180220200804j:image

(夜はスタジオで個人練習。朝は代表とあわせ。ねむい。)

広告を非表示にする

組織と人の可能性を信じる

今日は東大での人事の勉強会に行ってきました。

f:id:kokosuko:20180219222248j:image

(東大で迷子になりました…。ここどこ?)

 

今日の勉強会は評価について人事担当者同士、及び東大の先生交えて本気で話し合う、という内容でした。

 

意見が言いやすい環境で、色々なアイディアも生まれ、クリエイティブな雰囲気でした。

 

そこで沢山の気づきがあったのですが、本日のゲストの方が「人と組織の可能性を信じられる人が集まるのはよいですね!」といっていたのがとても印象に残っています。

 

色々あって人のことで悩んで下を向くことも多いですが、人と組織の可能性を信じてるから人事が楽しい、好きなのだと思います。

ちぇっくさんに会って来ました!

昨日はちぇっくさんとお話をしてきました!

※ちぇっくさんは4人組のホルンアンサンブルユニットです。

 

◆ご参考 パフォーマンスバンクブログ

http://blog.p-bank.org/

 

いつもちぇっくさんの軽やかなホルンの音色、素敵だなあ、どんな方々なのかな?と思ってましたのでたくさん質問をしてしまいました。

 

f:id:kokosuko:20180127213957j:image

(コーディネーターとのコンサートの思い出を話し合う、ちぇっくのみなさん。仲がよいのが写真でもわかります。)

 

パフォーマンスバンクのコーディネートの中で話がでたのが、コンサートのフィードバック。

やはり奏者として、演奏へのご意見というのは大切、アドバイスがあったら嬉しいというお話をいただきました。

 

こちらについてはまた全体会でコーディネーターのみんなと情報共有のうえ、話し合いたいと思います。

 

とっても雰囲気のよく楽しそうなみなさん。

ちぇっくさんのコーディネート、ぜひやらせてもらいたいな、と思いました。

法人化3周年記念パーティー(コーディネーターの成長の巻)

f:id:kokosuko:20180122235213j:plain

(みんなでパフォーマンスバンクのPのポーズ。とっても楽しかった。) 

 

今年は会場がインターコンチネンタルホテルのフレンチレストランだったため、僕も含めみんな会場の雰囲気にのまれておりましたがw、みなさん今年の方向性は頭の中に入りましたでしょうか。

 

ここではコーディネーターの成長について、CHOとしての考えを書きたいと思います。

私はコーディネーターが「楽しく、成長する」組織をつくりたいと思っています。

 

まず「楽しい」について。

「楽しい」環境をつくるために「心理的安全性」を大切にします。

心理的安全性を高めるために、まずは素直に話せるコミュニケーションの場をつくる必要があります。今年は今まで以上にリモートも活用してメンバー間で率直なコミュニケーションとれるような環境づくりを「コンアモーレ」と共につくりあげたいと思います。

早速総会では「イチゴビュッフェ?」みたいな案もでてたみたいですね。イチゴ旬だしとっても素敵な案だと思います。

 

<参考>

「心理的安全性」とは? - 『日本の人事部』

 

「成長」について。

強みを活かしたチャレンジする機会をどんどん増やしていきます。チャレンジが成長に直結します。

また、強みにスポットを当ててプロジェクト、部署等へのアサインを考えますが、本人の希望もしっかり僕の方で確認していきたいと思っています。

(尚、強みだけではなく、致命的な弱みを持っている方にはそのことも伝えます。)

 

ついにコーディネーター全員と1on1し終える事ができそうなので、今年からは本腰を入れてみなさん1人1人の成長とキャリアを一緒に考えていきたいと思っています。

 

 

尚、楽しいと成長は両立します。楽しい時は自分の才能を発揮、磨いている時だからです。どんどん才能を磨く事ができる楽しい時間を過ごしてほしい。

 

パフォーマンスバンクのメンバー全員が心理的安全性を大切にしながら、強みを発揮できるようになれば、パフォーマンスバンクは日本を代表する音楽NPOになり、「生演奏の楽しさをすべての人に」届ける事ができているはずです。

 

f:id:kokosuko:20180123003058j:plain

ドレスコード、楽しめたかな。新メンバーのみんな、よろしくね。)

 

f:id:kokosuko:20180123004128j:plain

(それにしてもお料理、食べたことがないくらい美味しかったなあ。)

法人化3周年記念パーティー(アワードの巻)

 

パフォーマンスバンク法人3周年記念パーティーを昨日インターコンチネンタルホテル東京ベイで実施してきました。

昨年を振り返り、今年の方向性をみんなで共有する素晴らしい機会になりましたね。

パフォーマンスバンクアワードもありました。

 

 

f:id:kokosuko:20180122234244j:plain

(アワード受賞者のみなさま、本当におめでとうございます。)

 

・・・

まずは新人アクティブ賞の玉里さん、おめでとう。

フットワーク軽い玉里さんの活躍で昨年は何回救われたことか。

私個人的にも玉里さんの明るさに救われる事が多いです。ありがとう。

今年は部署「Con amore」での活躍、期待しています。

・・・

 

新人クオリティ賞受賞の大沼さん、さすがです。

メールいつも見ていますが、本当に受け答えがしっかりしているよね。会話のキャッチボールの精度が高くて安心してコンサートをお願いできます。ありがとうございます。

昨年はHPリニューアルPJの活躍、短期間でのノウハウ吸収と、対応速度は見ていてゾクゾクしました。今年もプロジェクト活動が何よりの君の糧となるはず。

・・・

 

代表賞の伊藤くん、おめでとう。

受賞理由は未知なる挑戦、との代表の言葉があったけれど確かに慎重さと挑戦の力を併せ持つのは稀有だと思います。強みをこれからもどんどんPB内で活かしてください。

事務局としてもいつも色々とありがとう。

・・・

 

アクティブ賞の浦さん、たくさんのコーディネート、本当にありがとうございました。適切なタイミングでの大人な落ち着いた対応、本当にいつも助かっています。コーディネーターのお手本として、これからもよろしくお願いします。

・・・

 

そして、ハートフル賞、クオリティ賞ダブル受賞の安藤さん

f:id:kokosuko:20180122234733j:plain

 

「あなたが2017年に一番助けられたと思うコーディネーターはどなたでしょうか?」

というコーディネーター内のアンケートにおいて、ダントツの1位回答でした。

また、奏者・施設からの評価もダントツ!!!

 

きめ細かな対応、ほんと助かっています。

いつも学生へのフォロー、部署・プロジェクトメンバーへのアドバイス、理事への慮った提言も、本当にありがとう。

 

・・・

 

今後もみなさんの強みを活かしたコーディネート、PJ、部署での活躍、楽しみにしています。

 

僕はパフォーマンスバンクメンバーの採用すべてに関わっているため、みんなが表彰されているのを見て、自分の事のようにうれしかったです。

...、来年はCHO賞つくりたいな。

2018年も楽しもう

 

あけましておめでとうございます。

私も代表も戌年生まれです。よい年になりそう。

 

年末の新聞に出口治明さんの立命館アジア太平洋大学の学長就任のニュースが流れていました。出口さんにはビジネスリーダーとしての経験をもとに更に日本をよくしてくれるのではないか、と勝手に期待しております。

 

また、彼の好きな言葉としてガンジーの言葉が掲載されていました。

 

 

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。 

 

 

素敵な言葉だなあ、と思ってしばらく思いを巡らせてしまいました。

 

学ぶこともその学びを活かすのも僕たちの意思次第。

 

 

2018年も全力で活動することはかわりません。

ただみんなで目指す未来を今年は理事として更に、しっかりと、見せられるようにしたいと思っています。

 

僕もいつかNPO運営のプロとして、教壇にたって話をしてみたい、そしてNPOで活躍する方をどんどん増やしたい。

 

思いがあればいつか叶うけれど、なければいつまでも届かないと思っています。

 

f:id:kokosuko:20180103150118j:image

(年末はプロジェクト打ち上げと

 

f:id:kokosuko:20180103150156j:image

事務局合宿等で大忙し。…飲んでばっかりに見えるな。)

 

 

 

広告を非表示にする

生演奏の楽しさを祖母に届ける

今日はクリスマスイブですね。

生演奏を届けに祖母の老人ホームに出かけました。

 

f:id:kokosuko:20171224222132j:image

(実は初めてとなる娘との生演奏。娘は歌と踊り担当。私はメロディオン。)

 

娘と下記を演奏しました。

・はじまるよ、はじまるよ

あわてんぼうのサンタクロース

・糸巻きのうた

・ふるさと

 

最近しゃべらない祖母がふるさとの冒頭を歌ってくれました。これは嬉しい。

 

その後、川の流れのように見上げてごらん夜の星を、をメロディオン独奏。

 

生演奏の楽しさ、僕と娘だけではなく、おばあちゃんに届いたかな…。

プレゼンも生演奏で

12月2日はパブリコ予備校最終日、成果発表プレゼンをしてきました。

※パブリコ予備校はNPOの学習と成長の場です。

 

…ということで、演奏してきました。

話すよりも生演奏を聴いてもらった方が我々の活動、やりたいことを理解してもらえるはず!

f:id:kokosuko:20171206224142j:image

(代表はソプラノ、私はメロディオンもろびとこぞりてきよしこの夜、恋人たちのクリスマスを演奏。メロディオンとソプラノがこんなに相性よいとは。)

 

おかけさまでコラボイベントの依頼もいただくことができました!

生演奏の力の凄さを身をもって体験できました。

 

コンサートのコーディネートも楽しいけど、やっぱりたまには演奏も楽しい。

 

尚、代表と2人でアンサンブルするのは、14年ぶりです。

14年前、大学3年の時にニューシネマパラダイスのテーマ曲、The Beatlesの曲をやりました。懐かしい。

 

尚、メロディオンはフルートと互換性があります。見た目より必要な肺活量と繊細なタンギングとC譜面が共通点です。

 

ピアノ、フルートが演奏できる方にはとっても親しみやすい楽器だとおもいます。 

音大生交流会を開催しました!

パフォーマンスバンクは【音楽と共に歩む人生】を実現し、社会を更に豊かにするために、みなさんの伴奏者としてキャリア支援をさせていただきます。

 

ということで、まずは僕の好きな土間土間で音大生のみなさんとご飯を食べてきました。

 

参加者はおかげさまで9名!

5大学の学生さんが参加してくれました。

f:id:kokosuko:20171108222802j:image

(就職やプロ、音楽の先生になるための気がかりや、やるべきことはなにか話し合いました。)

 

f:id:kokosuko:20171108223131j:image

(こちらもたまたま地元が同じということもあり、盛り上がってました!)

 

これから音大生とコンサルタントと共にキャリア支援ワークショップを毎月実施します。

今月は11/24,30の夜にも実施予定です。

 

音楽家向けの珍しくも楽しいワークショップにしますので、ご興味ある音大生はパフォーマンスバンクにお気軽に御連絡ください!

NPOの勉強会に行ってきました

 

今日はNPOの勉強会へ。

peatix.com

 

「難しいからこそ、やらなくてはいけないし、楽しいんです!」
本日NPOの勉強会で隣の大学生が言っていた言葉が頭に残っています。

 

NPO関連のセミナーには魅力的で前向き、そして課題に真摯にとりくむ人ばかりで、いつもエネルギーがチャージされますし、僕もへこたれずに頑張らねば。という気持ちになります。

 

僕も娘や次世代の人に何か大切なものを残すために、課題をどこか遠いものとしてスルーするのではなく、自分事として考える事を諦めないようにしたい。
貧困も、難民も、地域課題も、もちろん音楽も。

 

いつもエネルギーをくれる、私がたまたま最近お話する機会が多い団体をご紹介させていただきます。

 

もしよろしければ、ぜひ日本の課題を解決するために日々活動する団体の活動を見てみていただけるだけでも幸いです。
(いいね、シェア等いただけますともっと幸いです。)

 

<こどもサポート財団さん>
http://kodomo-fd.org/

<Welgeeさん>
https://www.facebook.com/welgee/

<NPO法人パフォーマンスバンク>
https://www.p-bank.org/

 

風の子保育園でのコンサート お疲れ様でした!

コーディネーターのみなさん、昨日の風の子保育園での演奏会、本当にお疲れ様でした!

 

奏者、観客の双方向のやりとりがあるクイズコーナー、チームにわけたリズム遊びなど子供達を飽きさせない工夫が随所にある素晴らしいコンサートでした。

f:id:kokosuko:20171030084619j:image

(いつもは裏方のコーディネーターの本気の演奏、素晴らしかった!)

 

ピアノチーム、うまかった。山本さん、たっきー、タナケンお疲れ様。

タナケンのONELOVEのソロを僕は忘れないと思います。

f:id:kokosuko:20171030223527j:image

(テンポキープもしっかりできている落ち着いた伴奏でした。キーボードを教えるタナケンとたっきー。)

  

 ギターチームの目の前で演奏を聴いてましたが、こちらも体でリズムを刻みながらしっかりと演奏。

f:id:kokosuko:20171031002245j:image

 (香取さんはベースと歌で一人二役

 

f:id:kokosuko:20171030124322j:image

 (楽器体験コーナーも大盛り上がり。浦さんにウクレレを触らせてもらって笑顔)

 

 

そして、歌チーム!楊さん、安藤さん、輝いてました。

楊さん、歌と踊りとセリフ、やりきりましたね!

安藤さん、司会おつかれさま。観客と話しながら司会できるのはすごいです。

 f:id:kokosuko:20171031002040j:image

(気持ちを音に乗せて演奏できるのは才能だと思う)

  

コーディネーターの木村さん、プロジェクトリーダーの浦さんを中心に施設下見、台風の中の練習、編成の特殊さ、ラリューさんとのコラボ、そして当日のトラブルをよくぞ乗り越えてくれました!

 

 コンサート終盤は演奏と観客が一体となり、手拍子をしたり、身体を動かしたりで熱狂の様相!

今回、みなさんの演奏と企画運営が予想を超えたものだったので、「すごい…」と感心しきりでした。

 

娘と一緒に風の子保育園に遊びに伺わせていただいたのですが、帰る途中ずっとリトルマーメイドの曲を口ずさんでおり、朝も「小さな世界」を歌いながらご飯を食べてました。

 

きっと他の子供達にも生演奏の楽しさが伝わったのではないでしょうか。

 

正に「生演奏の楽しさをすべての人に」という理念を体現する素晴らしい演奏会でした!ブラボー。

 

f:id:kokosuko:20171031003640j:image

(トランペットを吹く娘。色んな楽器をさわれたこと、知ってる曲を沢山聞けたこと、お姉さんたちに可愛い!と言ってもらえたことが嬉しかったらしい。)

 

たまには僕もコンサートやります

今日は祖母に会いに特別養護老人ホームに行ってきました。

 

ピアノを使ってよい、とのなので6人のみなさまの前で久々に演奏をしてきました。

※私もピアノとフルートを時々演奏します。

 

f:id:kokosuko:20171029000556j:image

 (10分ほどの超ミニコンサート。)

 

司会ももちろん僕。

なんと観客の方がハーモニカを吹けるとのことなので、その場でコラボ。

 

事前準備から、演奏、司会までやるのはちょっと大変です。

 パフォーマンスバンクのコーディネーターがいると奏者としてはほんと助かるな、ということを改めて身をもって体感しました。

 

◆プログラム

・糸巻きの歌

・うみ

・シャボン玉飛んだ

・お正月

・ふるさと

 

シャボン玉飛んだは、みんな歌えるんですよね!この曲はなん年前からあるのかな?

 

1年前、大きな声で歌っていた祖母ですが、今はあまり声もでません。

ただ、上記曲を声を小声ながらも歌ってもらうことができました。

 

観客は4歳から90歳のみなさま。幅広すぎです笑

世代を超えて、みんなで演奏して楽しめる音楽って素敵と心から思います。