パフォーマンスバンクCHOブログ

NPO法人パフォーマンスバンク CHOのブログです。組織のことやワークショップの事を記載しています

フルート奏者がVenova吹いてみた

Venovaを買って、吹いてみました。

 

f:id:kokosuko:20170923230459j:image

(届いたヴェノーバ。ドキドキが止まらない)

 

f:id:kokosuko:20170923231140j:image

(開けると説明書。説明書は見ない派。)

 

f:id:kokosuko:20170923231307j:image

(楽器のケースがついに姿をあらわす)

 

f:id:kokosuko:20170923231425j:image

(白い楽器とは珍しい。)

 

既にマウスピースにリードがセットされているのですぐに吹けます。

 

と思いきや、音がでない…。

 

パフッ!!!

音でるけど音痴…。

 

説明書を見ると、歯をたてて、アンブシュアを固定するようなことが記載されていました。

 

そうか。フルートは歯をたてないのだけど、この楽器は歯を使ってアンブシュアを安定させるのか!!!

 

プアー。

……。

 

音はなりましたし、フルートがリングキーなので、キーからの息漏れはないけどまだ音痴すぎ。

 

なんか気持ちよく音がでない。リード楽器ってこういうものなのかな。

フルートの音色が天使に思えてきた。

 

説明書にある「聖者の行進」の譜面で反復練習し、運指がわかってきたところで今日の練習終了。

 

なめてました。特に音程と音の出がお話にならないので生演奏実戦投入には程遠いです。

アンサンブルできる気がしない。

 

フルート奏者の譜面の読み方(in C)リングキーの押さえ方、腹式呼吸のスキルはベノーヴァに応用できるものの、ベノーヴァとの二刀流は時間がかかりそう。

 

f:id:kokosuko:20170923232928j:image

(フルートより一回り大きいヴェノーバ。)